新潟県上越市でサンドバス・リラクゼーションなら

美容と健康の生き活きサロン「ゆりの森」

〒943-0817 新潟県上越市藤巻6-52

お気軽にお問合せください

025-521-5677

ゆりの森について

想い

「ゆりの森」の〝百合〟は一つに花言葉として「純潔」心に汚れがなく清らかな事「威厳」堂々としておごそかな事「無垢」煩悩を離れて汚れのない事。

 花言葉として、聖書より「アダムの妻イヴは、蛇にだまされて禁断の果実を食べてしまい、エデンの園を追い出され、その時イヴの流した涙が地上に落ちユリの花になった。」ドイツ民話として4「昔、ハルツ山麓にアリスという美しい娘がおり、ラウエンブルグ公が彼女を見初め、無理やり城に連れ帰るとアリスは純潔を守るが故に、城から身を投げてしまった。その場所から白いユリが生え、ラウエンブルグの夜のユリとしてアリスの清らかさの象徴として後々まで伝えられた。」また、中国の民話として、「昔、海賊が漁村を襲い、女子供を孤島へ連れ去った。取り残された者達は食べ物を探し回るとニンニクに似た野草の根を見つけ、飢えをを凌ぎ元気でいることができた。偶然島にやって来た薬草採りの人達に発見され無事全員が村に帰ることができた。この根には優れた薬効があり、孤島でこの根の恩恵を受けた人が『合わせて百人』だったことから、百合と呼ばれるようになった。」また、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く葵は百合の花」という言葉があるように、百合は〝美〟の象徴でもあります。

 上記の物語として聖書ののユリは人類の悲しみ・不安・恐怖の象徴であり、ドイツの民話では人間の本来の清き姿を現わし、中国民話では生命のエネルギー源であることを記しています。〝ゆり〟には心から認め合い、分かち合い、そして意識を一つに解け合わせることによって、肉体的、精神的、物質的苦しみから解放されるようにと想いを込めています。そして〝森〟は自然界の万物を表し、宇宙意識を意味します。(百合)は私達を表し、(森)は宇宙意識の象徴として、大いなる宇宙意識の中に私達が存在し共生しているのだと思います。

 私達は常にあなた様に「添える」という意識をもって精一杯励んで参ります。

                              ゆりの森 スタッフ一同

ゆりの森 line@

「ゆりの森」のお得情報や「美容と健康」に関するお役立ち情報をお送りいたします。お気軽にご登録ください。

アクセス

住所

〒943-0817
新潟県上越市藤巻6-52

ごあいさつ

代表者名

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。